ZIP

高校の時に買ったヴィンテージデニム 505 BIG E に付いてたZIPがTALONの42番だった。
ヴィンテージにはまり、この頃からZIPやボタンの種類、ステッチの色とかタグ、ロゴの種類等を
見る癖がついてしまった。今思えばデザインやディテールに興味を持ちはじめたのはこの辺りか。
 タイトルに付けた”ZIP”だが、今はスケート写真を撮る事にはまっている。
スケーターってすごくいろんな地域のことを特別な目線で良く知ってる。

スケートする場所 “スポット”ってスケーターにとっても重要な要素だし、
写真を撮ってるこっちにとってもおもしろ要素なのだ。
こんなとこなんで知ってるんだ?とか、ここでこんなん思いついたなんて! など驚きや発見多数。
ZIPって場所を表す言葉だし、いいな〜と思って英語辞書で調べてたら「無得点」って意味もあることを知った。
「無得点」いい響きだ、スケート写真に得点はないし誰かと競争してるわけでもない。
今いいって思う瞬間なんだ。それさえ残せたらって思う。
で瞬間を捉えたいって意味でROCKとくっつけた造語で“ZIPROCK”綴りは違うけど保存性高そうだ。
Advertisements